SHERBETS のライブのこと。

さる3月26日、京都磔磔に、マイミクさんと SHERBETS のライブに行ってきました。
昨年の PONTIACS 以来、二度目のベンジー体験。
同行のマイミクさんは、以前一度フェスでベンジーのソロを聴いたことがあったそうです。

で、このシャーベッツ、ブランキー以外のベンジーのプロジェクトでは、個人的に一番好きかも。
キーボード+女性コーラスの福士さんが素敵。ベースラインや、曲に緩急を与えるドラムもかっこいい。
ポンティアックスのロックも好きなのですが、やっぱりブランキーと違う魅力に溢れているのは、のバンドかなあ、と。てかポンティアックス活動休止状態だし。

以下、曲目もいくつか紹介しつつ感想を書くので、読みたくない人はスルーしちゃってください。


序盤、とりあえず定番っぽい「High School」なんかをやりつつ。
シャーベッツには珍しくアップテンポな曲なのに、そこまでモッシュもなく、やっぱり他のベンジーのプロジェクトに較べると、局長的に割とまったりライブなのかな~とか考えつつ鑑賞。
中盤「チャームポイント」~「リディアとディビッド」で、個人的には一番の盛り上がり。
この「リディアとディビッド」、大好きです。
最新アルバム『FREE』収録曲です。
初めて聴いたときから10年くらい経つシャーベッツですが、今ここに来て、過去最大級のドはまりです。
自分の中で長らくベストソングだった「わらのバッグ」を超えたかも。
初期曲である「チャームポイント」と「はくせいのミンク」の間に挟みこんだ構成もいい。

後半「Neighbourhood Funky Special」の軽いノリで和やかに楽しんでからの「タクシードライバー」この曲がライブで聴くとまたかっこいい。

で、最終盤、名曲の目白押し。ラストの「ジーンジェットの犬」~「Black Jenny」なんかは、嬉しすぎて恋する乙女になりそうでした。
やっぱり10年以上やっていると定番極のストックもかなりの数になって、隙のないセットリストを組めるもんなんだなあ、と、
変な感心の仕方をしてしまいました。

いや、かっこよかった。アンコールがなかったのが残念でしたが。
またシャーベッツのライブに行く機会があったら、「ゴースト」や「わらのバッグ」あたりの定番っぽい曲も聴いてみたいなあ。



というわけで、「リディアとディビッド」、いいですよ。
http://youtu.be/Ikj8sRRZPAI

「わらのバッグ」 もいいですよ。
http://youtu.be/pPsL6WAhf_c

最新アルバム 『FREE』
http://www.amazon.co.jp/FREE-SHERBETS/dp/B0051UGQMK

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック