アクセスカウンタ

Lazy Room 絵日記

プロフィール

ブログ名
Lazy Room 絵日記
ブログ紹介
三沢左右です。絵を描きます。
zoom RSS

ネーム大賞宣伝。

2014/07/16 02:22
先の日記と内容が重複していますが、
『第6回ネーム大賞』 というものに投稿してみました。
漫画を、完成原稿ではなくネームから審査して、大賞を決めるというものです。
以下、公式ブログより、エントリー作品一覧。

http://mangaonweb.com/creatorTop.do?cn=84942

読者賞というものもあり、読者のみなさまも、気に入った作品があれば投票できます。
僕のネームは、ブロックでいうと A(No.022)、B(No.072)、C(No.124) に分かれたようです。
よろしければ、是非ご覧ください。
もし気に入った作品があれば、投票いただけると嬉しいです。
そして、もし僕以外の作品が気に入ったなら、是非その作品に投票してください。悔しみます。



個々の作品については、こちらからも読めます。
読者投票メールフォームはありませんが、レビュー書いたり星をつけたりは出来ます。

「こけてぃっしゅ・ドールズ」
http://mangaonweb.com/creatorOCComicDetail.do?no=34081&cn=84942

「雨傘トライアングル」
http://mangaonweb.com/creatorOCComicDetail.do?no=34042&cn=84942

「枇杷をもぐ」
http://mangaonweb.com/creatorOCComicDetail.do?no=34049&cn=84942


というわけで、宣伝でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


久々更新。

2014/06/30 20:39
漫画のネームを投稿できる賞 『第6回ネーム大賞』 というものがあったので、
投稿してみました。
7月15日から審査開始だそうです。

http://mangaonweb.com/creatorTop.do?cn=84942

で、せっかくなので、それに合わせて久々にブログの更新です。
最近も漫画を描いてます。ちゃんと。
あと、本を読んだり音楽を聴いたりしています。ちゃんと。

今後、もう少しブログ更新するかもしれません。保証の限りではありませんが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明けましておめでとうございます。

2013/01/11 00:26
明けましておめでとうございます。
前回の更新からどれだけ期間があったかは、深くは考えません。

twitter でちょこちょこつぶやきましたが、
こないだ、作品が雑誌に掲載されました。
この1月7日に発売された、『good! アフタヌーン』 ♯27 です。
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/13872

いろいろな人が手にとって下さることを祈っています。
読者のみなさまに楽しんでいただける作品を作りたいと思います。
とか言ってたら、妹から情報が。

画像


恵文社バンビオ店にてびっくり衝撃。
なんとも身の丈に合わない持ち上げっぷりを…と焦りつつも、
まあ、出ちゃったならしゃーないか。
待遇に見合うだけの頑張りを、これから見せて行きたいところです。
形から入って、それに見合う中身を身につける、ってのもアリですね。
頑張ろう。


あと、年賀絵を描きました。
巳年なので、へびを。

画像


CGを描くのが久しぶりすぎて、まるで初めてペンタブを握ったかのような試行錯誤をしてしまいました。
CGの練習もしていきたいところです。
他にもやりたいことはいっぱいあります。
出来ないこともいっぱいあるとは思いますが、出来ることもいっぱいあるはず。

今年一年どれだけのことが出来るのか、
自分のことながら、自分自身楽しみにしていきたいな、と思っています。

改めて、新年明けましておめでとうございます。
みなさま、今年もよろしくお願いします。


・今日の一曲…「Wake Me Up!」 SPEED
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


開幕とか。

2012/04/07 10:59
ある目的に対して、ひとつしか道筋がないと思うのは危険。
結果はひとつでも、試行錯誤しながら、いろいろなアクセスを作っていかなきゃいけない

野球の試合で、片方のチームは三振でしかアウトを取れないが、もう片方のチームは通常ルール、なんてことにしたら、有利不利の差は大きすぎる。
片方のチームはホームランでしか得点が取れない、ってルールでもOK。

以上のことは前から思っていたことなのだけれど、それを何となく上手くたとえ話で言えた気がしたので、したり顔で書いてみました。
ここで「ドヤ顔」とか書くと、無批判に流行りに乗っている感が出てしまうので、「したり顔」と書いてみました (ドヤッ


という、強引な導入から強引に野球の話題へ。
ついに、プロ野球開幕しましたね。
日程は現在3カード目。
そして昨日、カープの前田健太が、なんとノーヒットノーランを達成しました。やったね。
去年の終盤、もう一歩ってところで失敗しちゃったから、ファンも本人も溜飲が下がったことでしょう。おめでとうございます。
今年のカープ、出だし好調なので期待したいところです。
戦力は悪くないんじゃないかな、と思ってます。

他球団については、やっぱりDeNAは勝てないのかなあ、とか、
巨人が何でそれ以上に勝てていないんだろうか、とか、
パ・リーグは予測付かないなあ、今年も面白そう、とか、
斉藤祐樹すげー、とか、
山本昌は超人だろ、とか、
そんな感じです。


ということで、暖かくなってきましたね。春です。
梅も咲いていました。そろそろ桜も見ごろになってくるのでしょう。
今年は、お花見の予定もあるので、楽しみです。


・今日の一曲…「Champagne Supernova」 Oasis


あ、以下の日記イラストは、ちょっと背景の練習をしたくなって、写真をトレスしたものです。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SHERBETS のライブのこと。

2012/04/03 23:03
さる3月26日、京都磔磔に、マイミクさんと SHERBETS のライブに行ってきました。
昨年の PONTIACS 以来、二度目のベンジー体験。
同行のマイミクさんは、以前一度フェスでベンジーのソロを聴いたことがあったそうです。

で、このシャーベッツ、ブランキー以外のベンジーのプロジェクトでは、個人的に一番好きかも。
キーボード+女性コーラスの福士さんが素敵。ベースラインや、曲に緩急を与えるドラムもかっこいい。
ポンティアックスのロックも好きなのですが、やっぱりブランキーと違う魅力に溢れているのは、のバンドかなあ、と。てかポンティアックス活動休止状態だし。

以下、曲目もいくつか紹介しつつ感想を書くので、読みたくない人はスルーしちゃってください。


序盤、とりあえず定番っぽい「High School」なんかをやりつつ。
シャーベッツには珍しくアップテンポな曲なのに、そこまでモッシュもなく、やっぱり他のベンジーのプロジェクトに較べると、局長的に割とまったりライブなのかな〜とか考えつつ鑑賞。
中盤「チャームポイント」〜「リディアとディビッド」で、個人的には一番の盛り上がり。
この「リディアとディビッド」、大好きです。
最新アルバム『FREE』収録曲です。
初めて聴いたときから10年くらい経つシャーベッツですが、今ここに来て、過去最大級のドはまりです。
自分の中で長らくベストソングだった「わらのバッグ」を超えたかも。
初期曲である「チャームポイント」と「はくせいのミンク」の間に挟みこんだ構成もいい。

後半「Neighbourhood Funky Special」の軽いノリで和やかに楽しんでからの「タクシードライバー」この曲がライブで聴くとまたかっこいい。

で、最終盤、名曲の目白押し。ラストの「ジーンジェットの犬」〜「Black Jenny」なんかは、嬉しすぎて恋する乙女になりそうでした。
やっぱり10年以上やっていると定番極のストックもかなりの数になって、隙のないセットリストを組めるもんなんだなあ、と、
変な感心の仕方をしてしまいました。

いや、かっこよかった。アンコールがなかったのが残念でしたが。
またシャーベッツのライブに行く機会があったら、「ゴースト」や「わらのバッグ」あたりの定番っぽい曲も聴いてみたいなあ。



というわけで、「リディアとディビッド」、いいですよ。
http://youtu.be/Ikj8sRRZPAI

「わらのバッグ」 もいいですよ。
http://youtu.be/pPsL6WAhf_c

最新アルバム 『FREE』
http://www.amazon.co.jp/FREE-SHERBETS/dp/B0051UGQMK
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いつの間にか年が明けて、いつの間にか一月もあと一週間。

2012/01/24 02:32
ですね。びっくり。明けましておめでとうございます。
みなさんは、よい一月を過ごされましたか。
僕は年末年始、風邪をひくこともなく、なんとか元気です。
こないだやっと年賀状も仕上げたし。
というわけで、今年もよろしくお願いします。


こないだ人から、「いつも論理的にしゃべるのに、ときどきめっちゃ適当なこと言う」 と評されました。
僕は割といつでも、適当なこと言ってます。
「ときどき」 しか言っていないと思われていたことにびっくりです。


あとこないだ、「昔はサザエさんが日曜日だけでなく火曜日にも放送されてたね」 って話題になりました。
ずっと週2だったら、『サザエさん症候群』 なんて言葉も出来なかったかもしれませんね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%82%A8%E3%81%95%E3%82%93%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

サザエさんは、この不名誉を返上するために、エンディングの次週の紹介で、「さーて来週もサザエさんだ〜!」って感じに盛り上げてみるといいんじゃないかと思います。
適当なこと言いました。


そういえば今年のセンター試験、いろいろとひどかったみたいですね。
大雑把に言えば、
受験可能科目の組み合わせを増やすために、社会・理科の二科目で、問題用紙の配布方法と試験時間を変更。
システムが複雑化したのに、周知のための説明会の時間は例年通り。それにも出席しない試験管がいた。
というか、出席した人でも、システムが複雑すぎてミスを起こしたり時間内に問題用紙配布できなかったりするほど。
試験方式の変化のせいで、同じ試験科目を別の時間に受ける受験生が出てくる。カンニングの危険度急上昇。そのくせ、試験管は明らかに人手不足。

こんな感じなんですかね。間違ってたらごめんなさい。
まあ、こういうミスがあると、「センター試験なんてなくせ」 って論も出てきそうですが、
個人的にはそれはさすがに暴論。
「センター試験がない方が大学の独自色を出していける」 って意見とか、いろいろ間違っている気がします。
それが問題だからセンター試験があるんです。
というわけで、センター試験は大切です。
まずいところは多いだろうけれど、改善していけばいいと思います。改悪はあんまりしない方がいいと思います。


というわけで、長々と前置きをしつつ、
僕もセンター試験を解いてみました。
国語だけですが、ちゃんと時間を計って、結構本気で。

200点満点で195点でした。 ちょっと自慢しとこう。
漢文の簡単な問題で、1問うっかりミス。
最終盤まで全問正解だったので、「これは満点行けるかも!?」と思ってしまいました。悔しい。


画像



日記絵は、こないだ初めて入った、河原町周辺の某喫茶チェーン店からの景色。
この辺をよく歩く人なら、どこのことかすぐわかりそうですね。
てか、看板に通りの名前書いてあるし。

・今日の一曲…「リディアとディビッド」 SHERBETS
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝。

2011/12/01 06:42
画像



変な時間に起きてしまったので、勢いで更新。

寝起きのぼんやりした頭で、『Nintendo DS』 の 『DS』 を何の頭文字ってことにしようか、とか、適当なこと考えてました。
@『です。』 (標準語)
A『どす。』 (京ことば)
B『ダークサイド』 (暗黒面)
C『脱水症状』 (危険)
D『ダルビッシュ紗栄子』 (嫁)


というわけで今更な話題ですが、プロ野球。ソフトバンクが強かった。
けれど、日本シリーズであそこまでもつれるとはさすがに思いませんでした。
戦力には大きな差がありそうな気がしていたんですが。
実際クライマックスシリーズでは当たっていたホークス打線なのに、あそこまで抑えられるとは。
落合監督さすがです。最後まで強い監督でしたね。
谷繁もさすが。打てなかったけれど、もし別のキャッチャーだったらまた結果は変わったんでしょうね。

そして、そんな日本シリーズの初日に、まさかの巨人清武GMのナベツネ批判会見。
そのままシリーズの期間を通してナベツネの反論、GM解雇と続き、日本シリーズを食うような騒ぎになってましたね。
ひどかった。
まず記者会見からしておかしいけれど。
第一、ナベツネ独裁批判って、みんなわかってることを再確認しただけじゃねw っていう気もします。
上手いことやってナベツネ体制の解体、とかになるんならそれはそれで面白いだろうけれど、結局そうもなってないしね。


まあ、どうでもいい話は置いておいて、
ソフトバンク、今年でいろいろ選手が抜けますね。
やっぱり、今シーズンのソフトバンクは奇跡だったんだなあ、という気がします。
まあ、まさかのアジアシリーズ決勝敗退でしたが。
ホールトンが契約更改せずとのことで、先発三本柱が全員いなくなりそうな。
来年はどうなるのか。

あとカープは、移籍が懸念された主力選手が、割と残ってくれそうな感じです。
下手したら、サファテ・バリントンに廣瀬・栗原まですわ移籍か、と思っていたのですが、まさかの全員残留。
これで、4月までは夢を見られそうです。


フィギュアスケート、今年は全然見ることが出来ていません。
GPファイナルとか世界選手権とか、何とか見ておきたいのですが。
とりあえず録画かな。

GPシリーズも録画しておけばよかったかもしれませんが、何か、録り溜めだけして結局見ない、ってことになりそうだったので。
浅田選手3季ぶりのGPシリーズ優勝・ファイナル進出、鈴木明子選手もファイナル進出、
さらに羽生結弦選手シニア初優勝でファイナル進出とか。本当に層が厚いなあ日本。

こうしていろいろ書いていると、見たくなってきたので、見ます、GPファイナル。


「好きです、この少女まんが。」 という少女マンガアンソロジーを購入しました。
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/90010

読みきり集だから、拾い読みしやすいだろう、作業の合間にでもぼちぼち読んでいこう、
とか思っていたのですが、読み始めるとどれも面白く、なかなか止めることができません。
今、4巻を読み始めたところです。
テーマで分けて全5巻ということですが、是非第二段を出してほしいところです。「ホラー」あたりの作品集は読んでみたいので、期待です。


さらに話は変わって、先日、オザケンのUSTREAM 生中継、というのが話題になっていました。
僕も、放送の前日にその話を聞いて、当日、わくわくしながらPCの前に待機。
1時間前にはもう公式サイトは重くなっていました。
そして、時間になっても公式のウインドウでは放送始まらず。
重すぎてうまく読み込まなかったんですね。公式は諦めてUSTREAMで直接見てみました。

オザケン 「公式サイト見てね、告知があるよ〜。あれ、重くてつながらない? えっとどうしようか、どうしようもないか。とりあえず告知できたから、じゃあね〜」 って感じのあっさり放送でしたw
どうやら来年、コンサートがあるようです。えっと、何年ぶりだろう。
場所は東京オペラホールという会場らしいです。
12回も公演があるようですが、それでもチケット争奪戦は厳しいんでしょうかね。
行ってみたい気もするけれど、東京かあ、うーん。


・今日の一曲…「大人になれば」 小沢健二
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寒くなってきましたね。

2011/10/28 00:44
なんだか最近、日記の更新が随分減ってしまっています。
書きたい内容がないわけではなく、割と最近いろいろあった気はするのですが。
というわけで、さらりと最近のことでも。


本は、何かしら読んでます。
今は、三田誠 『レンタルマギカ』 シリーズと、北杜夫 「楡家の人びと」
「楡家の人びと」 は、読み始めたところで作者の訃報が入ってきて、びっくりしました。
他に最近読んだものでは、荒俣宏 『帝都物語』 全巻。大ボリュームでした。
他にもちょっとは読んでますが、
でも、最近はそこまでたくさんは読めていないような気がします。
新書も買ってはつまみ読みして積んで、ってことが割とあるので、気をつけます。

映画は、「This Is It」 と、「フルメタル・ジャケット」 をDVDで観ました。

絵もぼちぼち描いてます。
近いうち、1〜2枚は日記にアップすると思います。
とはいえ、さすがに絵日記に絵がないのも寂しいかと思ったので、
今日の日記絵は、前にラクガキしたものを。地デじい。


音楽も、何かしらいろいろ聴いてます。

そんな感じです。
あ、髪を切りました。
あと、冬の到来に震えてます。寒い。

長々き夜と夜をつなぐ糸ひとつ昼の日ざしに揺るる十月


・今日の一曲…「Going To The Moon」 TRICERATOPS


画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


九月二日。

2011/09/02 23:23
画像
 
画像


今日、誕生日でした。
お祝いの言葉をくださったみなさま、ありがとうございます。
日記絵は、誕生日を迎え、最初に描いたラクガキです。



携帯の機種変更をしました。
何か、電話の周波数切り替えのため、今まで使っていた機種が来年で使えなくなるとかで、
機種変を迫られたわけです。
別に、僕は今のままの機種でいいのに。

で、そういう理由での機種変のため、
ショップからは、無料交換できる機種の候補をいくつか提示してくれるわけです。
で、僕も無料の機種から選ぼうかと思ったのですが、
どの機種も今の機種よりスペック落ちていてびっくりしました。
僕が今の機種使い始めたのって、4年ほど前なのですが、
それでも音楽聴けたり、お財布ケータイになったりはしました。
今回候補の機種には、どれもなし。
さすがにダウングレードされるとは思いませんでした。

最近のいい機種を選ぼうとしたときに5万円とか必要だというのはいいとして、
最低でも、これまでの携帯よりもアップグレードしようとすると、1万円くらいは出さなきゃいけないっぽいですね。
安いっちゃ安いけど、うーん。

まあ、音楽聴いたりお財布ケータイにしたり、着うたフルをダウンロードしたり、ワンセグを見たりといった機能は元々使ってなかったので、別にいいかと、結局無料で機種変しちゃいました。
普段使う機能はとりあえず不足なさそうだし、割と操作感も気に入ったので、僕はまあこれでいいんですが、不満な人も多いんじゃなかろか。

あ、まあいいとはいっても、ハンズフリー通話のイヤホン変換アダプタと、充電の台座、合わせて1500円ほどかかりました。
機種変しなきゃ必要なかったものなのに、お金を取られたのはどうかと思うよ。



話変わって、最近のプロ野球ペナント、セリーグの泥沼な感じがとても面白い。
どのチームも決め手にかけるし、
首位快走のはずのヤクルトも、いつの間にかほとんど2位以下と差がなくなってきているし、
故障者もぼちぼち復帰してきているし、
まだまだ熾烈な争いは続きそうですね。

パリーグは、上位2球団の強さがありえない。
なんであんなドリームチームみたいなを実現できるんだろうかw


・今日の一曲…「Goodbye Happiness」 宇多田ヒカル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋雨の日。

2011/08/26 01:43
画像



8月を振り返って、楽しかったことでも書いてみます。


絵を描きました。
上の絵がそれです。


6日、人見元基さんのライブに行きました。
バックの演奏は、フュージョンのバンド NANIWA EXP
ハードロックで押しまくるいつものライブとは一味違って、元基さんの表現力を存分に楽しめるいい演奏でした。
序盤の、ジャニス・ジョプリンのカバーなどの、ジャズ寄りの演奏と歌唱が、本当にすごかった。
まあ、後半はレッド・ツェッペリン中心の、いつもどおりのセットリストになっていたわけですがw
あ、あと、途中でパープルの「Burn」をちょこっとジャムってたのが、妙にかっこよかった。


お盆、父方の実家である三重に帰省してきました。
帰省といっても、家族で温泉旅館だったのですが。榊原温泉。
榊原温泉付近の神社やお城の跡に寄ったり、お城を探していたらいつの間にか山の中に迷い込んでいたりしました。


17日、友人何人かと、大阪にお寿司を食べに行ってきました。
おいしかった。あと、その日はかんかん照りで、暑かった。
寿司以外のスケジュールを全く決めていなかったので、ノリで海遊館に行ったりしました。
あんなに人の多い大阪港は初めてでした。大きな休みの時には、ちゃんと人が集まるんですね、あそこ。
熱帯魚が綺麗でした。
で、熱帯魚のあとに瀬戸内の魚を見ると、見慣れた姿ばかりで、「おいしそう」以外の感想が出てきませんでした。これが寿司屋脳ですね。
隣にいた別グループのお客さんたちも、同じようなことを言ってました。寿司屋脳ではなかったようですね。
夕飯は中華でした。何か、遊んだだけじゃなくて、みなさんといろいろ面白い話を出来て、本当に楽しい一日でした。


7月末、Amazonで雑誌とCDを注文しました。
CDがインポートで、発送が2〜4週間かかる、というのを見落として、「まとめて発送」を選んでしまい、待てども待てどもCDも雑誌も届かないという状況に。
危うく、雑誌の到着が次号の発売に間に合わないところでした。
Amazonは即日届く、って思い込んじゃダメですねw


あと他にやったことといえば、何度かカラオケに行ったくらいですかね。
DAMで、3人で採点にチャレンジしたら、みなさん上手くて、90点台連発して驚きました。
80点を切ることなんてのはほとんどなく。
まあ、ある程度以上の音感があったり、ちゃんと音楽勉強したり、バンドやってたりする方には普通なのかもしれませんが。
別の日、JOYSOUNDのCROSSOって機種で歌ったときには、PV・ライブ映像大会になりました。
ブリティッシュなライブ映像が多く、空気も読まずにザ・フーやディープ・パープルや、クイーンを入れまくってました。
ディープ・パープルの映像は、ギタリストがスティーブ・モーズでした。で、ゲストなのか何なのか、ロニーが出ていました。
フーは、楽器破壊までは映っていませんでした。
あと、映像があったので試しに歌ってみた奥村チヨ、曲と映像が全く合っていなくて、非常に気持ち悪うございました。ちゃんとその曲を歌っている映像を使おうよ。


来月は、The Birthday のライブに行きます。京都磔磔。楽しみです。

・今日の一曲…「なぜか今日は」 The Birthday
ライブまでに、もっとアルバム聴きこんでおこう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こんな「きかんしゃトーマス」は嫌だ。

2011/07/21 20:58
人型をしている。


とかいう適当なことを、最近友人と話していたりしました。
あと、髪を切りました。

あと、最近、バスケとバレーをやってみました。
全身筋肉痛です。
もう少し体力と筋力をつけないといけませんね。
けれど、運動は楽しい。


最近図書館で借りた本の紹介でも。
・「殺戮にいたる病」 我孫子武丸
・「冷たい校舎の時は止まる」 辻村深月
・「ウロボロスの純正音律」 竹本健治

変格ミステリづいてますね。
王道ミステリにも不案内なのにね。
読破したらまた、感想を書きます。

他にも、読もうと思って積んである本がたくさんあります。
とりあえず、この辺から読み進めていきたいな、と思っている本。
・「平城京の時代」 岩波新書シリーズ 日本古代史 4
・「真珠夫人」 菊池寛
・「紫式部日記」 紫式部


最近のニュース。

女子サッカーがW杯優勝。
普段全然サッカーを観ていなかったのですが、アメリカとの決勝は、つい生放送で観戦してしまいました。
すごいなあ。
試合展開も、始終秋させることなく盛り上がり、
日本の強さもアメリカの強さも存分に出た面白い一試合だったと思います。

ベーシストの TAIJI さんが亡くなりました。
残念です。
X に残っていたら、Loudness に残っていたら、違ったのかな、と、詮ないことを思ったりもしました。
X では、YOSHIKI と HIDE と TAIJI とで、三頭政治状態で活動を続けていれば面白かったんでしょうね。HIDE に続き二人目の訃報ですね。
Loudness でも、当時のメンバーでは、樋口さんに続き二人目がこの世を去ったんですね。
あの布陣でのオリジナルアルバムが1枚だけしか残されていないことが残念です。
ご冥福をお祈りします。


・今日の一曲…「There She Goes Again」 R.E.M.
R.E.M. のベストアルバムに収録されていた曲。Velvet Underground のカバーです。
最近また、Velvet Underground が自分の中でブームになっていたのですが、そんなときに 、R.E.M. 初聴でのアルバムにこの曲が収録されていたので、一気に R.E.M. に対する興味が高まりました。
こういう音楽のつながりから興味が深まるのもいいものですね。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


また更新が止まっていましたが。

2011/07/09 01:07
画像


何事もなかったように更新してみます。
日記絵は、ホワイトボードに描いたラクガキです。
最近は忙しかったりそうでもなかったりサボったりしていました。


昨日はテレビでちらっとプロ野球を観たので、何事もなかったように野球の結果について書いてみます。
カープに対するは、いつの間にか最下位をうかがおういう、不振ジャイアンツ。
カープはマエケンが先発。6回まで 3−0 というスコアでした。
3点リードならセーフティ・・・だったらいいなと期待していたのだけれど。
まあなんというか、もう仕方ない。


そういえば、今うちのテレビはまだアナログなのですが、左下の「アナログ終了まで〇〇日」のテロップが、嫌がらせとしか思えません。
テレビは地デジ対応してるんですけどね。
電波が弱いとかで、NHKくらいしか映らず、きちんと電波を受信するためには、アンテナ工事が必要とのこと。
5〜6万円かかるとのこと。
おもしろいね。


半月ほど前にプリンタが壊れ、新調しました。
せっかくなので、初のスキャナ複合機です。
以前のスキャナは不要になってしまい、先代スキャナと合わせて、不要スキャナが2台になってしまいました。


漫画の話。
小野不由美原作、藤崎竜の 「屍鬼」 が、ついに完結しました。
原作は読んだことがないのですが、なんと言うか、よくここまで自分の漫画に出来るもんだなあと。
藤崎竜の原作付きはハズレることはないんじゃないかという気がします。
とにかく最後まで面白かった。辰巳さんいいキャラだったなあ。
刊行ペースは週刊誌ほど速くなかったので、ゆっくり読み進んできたのですが、全11巻をまとめて読み返してみたいところです。
展開の鋭さやスピード感がすごそうです。
そして、ようやく遠慮なく原作が読めます (笑

漫画以外の本の話。
以前からいろいろなタイトルをチェックしていた本を、図書館でまとめて借りてみました。
あまり間をおかずに一気読みしたいところです。
またそのうち、感想を日記に書こうかと思います。

・今日の一曲…「God Of Thunder」 Kiss
『Destroyer (地獄の軍団)』 って、いいアルバムだなあ。
これまであまりのめり込んで聴くことのなかった Kiss ですが、今更にファンになりそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大阪、アニメ、歌。

2011/05/30 02:46
mixiでの知り合いが企画メンバーである、アニソンイベントに行ってきました。
場所は大阪梅田amホール

あまり行かないところなので、道がよく分からず、
駅を出ていきなり逆方向に歩いてしまい、徒歩6分の道のりを30分ほど歩くハメになってしまいました。雨の中を。風邪気味だったのに。
まあいいか。
日曜日だし、開演時間も早めなので、子供も多いかと予想しつつ会場に入ってみると、
大きな 元・少年少女たちで埋め尽くされた観客席がありました。
まあいいか。

『GREAT ANISON SINGERS』
出演は、
高取ヒデアキさん
さかもとえいぞうさん
宮内タカユキさん
司会:ショッカーO野さん
という、一風変わった豪華メンバー。
ライブ中のMCでもみなさん、「このメンバーが揃うのは初めて」 ということを、かなり強調していらっしゃいました (笑

そういえば、アニソンイベントといいつつ、このメンバーだと特撮率もかなり高いよね。
まあ、実は僕はアニメ・特撮にはあまり詳しくないので、どっちにしろ演奏される曲を楽しめばいいや、という気分だったわけですが。

で、初っ端が高取ヒデアキさん。「Z旗」というバンド編成での演奏でした。
リードギター・リズムギター・ベースギター・キーボード・ドラムスに、トランペット・サックス・トロンボーンのブラスロックな編成。
さすがに音が厚く、アニソン・特撮らしい、きらびやかなステージでした。
しかも、バンド自体が高取ヒデアキさんのプロジェクトのため、アニソン・特撮的にこなれているというか、とにかく観客を楽しませる演出満載。
コール&レスポンスなど、観客を楽しませるサービス精神は、さすがプロでした。

二番手がさかもとえいぞうさん。
アニメタル、JAM Project、ですね。(平仮名表記なので、ANTHEM はナシで)
今回のライブでは、やっぱりアニメタル的なメドレーで、ガンガンと押してきました。
息を吐かせない勢いで演奏されるアニソンの定番曲(メタルアレンジ)、楽しかった。
そういえば、JAM Project の曲はありませんでしたね。
あと、アニメタルでは、アニソンをカバーする際に、演奏にいろいろメタルの有名曲をフィーチャーされるのですが、
中盤あたりに演奏された「おじゃる丸」、イントロなんかはRainbowの 「Long Live Rock'n Roll」 だったけれど、間奏がラウドネスの「LOUDNESS」でしたよね?間違ってたらごめんなさい。
やっぱりラウドネスは和の心なんだなあ、と思ったりしました。

そしてトリ、宮内タカユキさん。
いきなり 「仮面ライダーBLACK RX」 でがっちり持っていかれました。
あと、 「流れ星 銀」 、懐かしかった。
東日本の大震災に向けたメッセージから歌われたレスキューポリス三連発は感動しました。
とにかく歌詞に感情が乗りまくり。もらい泣きしそうな勢いでした。
最初の方にも書いたのですが、僕はあまりアニメなどに詳しくはありません。
けれど、アニソン・特撮の力を信じようって気にさせる、そんな説得力のあるステージでした。

アンコールは、お三方揃っての 「仮面ライダーBLACK RX」
豪華なものを聴かせていただきました。

・今日の一曲…「仮面ライダーBLACK RX」
まあ、あんな豪華なものを聴かされたら、今日はこれしかないって気にもなるよね。

日記絵は本文と特に関係ありません。


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近レンタルしたCD。

2011/05/15 08:57
最近、ツタヤで半額キャンペーンがあったので、気になっていたCDなんかをまとめてレンタルしてみました。
以下、そのCDを並べてみます。
まだしっかり聴けていないものもあるので、感想はナシで。
というか、感想を一枚一枚について書いていたら、大変なことになりそうな。前回の日記みたいに。

POLYSICS『We ate the machine』
GO!GO!7188『アンテナ』
GO!GO!7188『Go!!GO!GO!Go!!』
UNDER GRAPH『ゼロへの調和』
ELLEGARDEN『ELEVEN FIRE CRACKERS』
フジファブリック『MUSIC』
The Birthday『STAR BLOWS』
The Birthday『MOTEL RADIO SiXTY SiX』
The Birthday『The Birthday meets Love Grocer at On-U sound Mixed by Adrian Sherwood』
髭 (HiGE)『サンシャイン』
髭 (HiGE)『テキーラ! テキーラ!』
ザ50回転ズ『50回転ズのビリビリ!!』
ザ50回転ズ『ロックンロール・マジック』
岡村と卓球『The Album』
笠置シヅ子『ブギの女王』

Led Zeppelin『Presence』
Cream『Fresh Cream』
David Bowie『Young Americans』
The Rolling Stones『Forty Licks』
The Police『Synchronicity』
The Buggles 『The Age Of Plastic』
Green Day『Warning!』

Robert Johnson『The Complete Recordings』
The Jimi Hendrix Experience『Axis: Bold As Love』
Eminem『Curtain Call: The Hits』
Public Enemy『Greatest Hits』
Nickelback『The Long Road』
Nickelback『All The Right Reasons』
Megadeth『The System Has Failed』
Megadeth『Countdown To Extinction』
Kiss『Psycho Circus』

Miles Davis『Kind Of Blue』
John Coltrane『A Love Supreme』
Sonny Rollins『Saxophone Colossus』
Horace Silver『The Stylings Of Silver』
Horace Silver『Song For My Father』
Bill Evans『Portrait In Jazz』
Bud Powell『Jazz Giant』
Joe Henderson『Page One』
Billie Holiday『The Commodore Master Takes』

ツタヤって、20枚までしかレンタルできないんですね。初めて知りました。
今回の日記は、以上です。

せっかくなので、一年ほど前に描いた絵でも載せておきます。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アニメファンのツイートに『杏子』って名前が出てくると

2011/04/16 04:39
バービーボーイズの時代が来たのかと思ってしまいます。

「銭のないやつぁ俺んとこ来い」と「文句があったらベルサイユにいらっしゃい」は、似ているようで微妙に違いますね。
こんにちは。久々更新です。

画像


画像


画像


今回の更新では、地震のことを書こうかと思ったのですが、、いろいろと考えたことを日記といえる長さにまとめられそうにないのと、自分の中でもまだ上手く整理できていない部分が多いのとで、諦めました。
とりあえず、いつもどおりに日記を書こうと思います。
というわけで、最近読んだ本でも並べてみます。
あ、日記絵は、こないだ喫茶店とかで描いた落書きです。
最近一発描きがクセになってます。いいのかわるいのか。

最近と言っても、ここのところ日記を更新してなかったので、「今年に入ってから読んだ本」って感じです。
てか、去年読んだ本も結構入ってます。


最近読んだ本・マンガ

・「人形式モナリザ」
 「月は幽咽のデバイス」
 「夢・出逢い・魔性」
 「魔剣天翔」        森博嗣
「Vシリーズ」 と呼ばれるミステリのシリーズです。
僕は、普段ミステリを読むときには、あまりトリックを考え込んだりはしない方なのですが、このシリーズでは、どれもトリック自体は分かりやすく、その分、見抜けなかったときには悔しい思いをします (笑
同じ作者の 「S&Mシリーズ」 に比べ、キャラ描写に特徴があり、そのせいか、収まりのよさと妙な浮遊感がただよってます。
面白かった。

・「十三番目の人格 ISOLA」
 「黒い家」
 「天使の囀り」
 「青の炎」            貴志祐介
いくつかの作品は映画化されたりもした、人気作家の作品です。
作品ごとにいろいろなテーマが扱われているのですが、どれも面白い。
中でもやはり、「黒い家」 は白眉。ネチネチとした描写と、深い知識と、押さえるところを押さえたホラー描写が見事にマッチして、それでいて読後感はあっさりとした、非常にまとまりのいい一冊です。
「天使の囀り」 は、衒学趣味を出しつつ、ハッタリを効かせてパニックホラーに持っていくという、個人的に好みのパターンで描かれ、非常に楽しんで読むことが出来ました。
「ISORA」 は、登場人物みんなが魅力的でした。臨床心理学的なやりとりを軸に進むせいか、三島由紀夫の 「音楽」 を思い出しました。
「青い炎」 は、あとがきに同意。あれは青春ドラマです。

・「レンタルマギカ 4 竜と魔法使い」
 「レンタルマギカ 3 魔法使いの宿命(さだめ)!」
 「レンタルマギカ 6 魔法使い、修行中!」      三田誠
シリーズものです。
自分の中での 「ライトノベル」 のイメージはこれで決まり、っていうくらいに、見事なライトノベル。
もう、単純に面白い。
そういえば、これ、古本屋で買ったのですが、うち一冊が作者三田さんのサイン本でした。
僕が買っちゃってよかったのか。もっと深いファンの人に買われた方がよかったのでは。
というか、前の持ち主は売っちゃってよかったのかと。
前の持ち主が、売ったことを後悔していないことを祈ります。

・「キノの旅」 9〜12 時雨沢恵一
ダラダラ読んできたこのシリーズですが、割と新刊に追いついてきました。
えっと、今どこまで出てるんだろう。14?15?まあ、その辺。
内容は、まああえて書くものでもなく、マンネリズムというか、安心の安定感というか、ハードロックでたとえるとAC/DCというか、まあ、たとえる必要は別にないんですけどね。

・「悲劇の誕生」 ニーチェ
人間精神を、アポロン・デュオニソスという神話の精神に仮託して述べたニーチェの初期作品。
非常に力強い筆致で、難しい内容でも読ませる一冊でした。
今でこそ、こうした精神の二稿対立は常識的なものですが、一昔前の思想を読むと、その力のこもり具合が面白い。フロイドとか。
そういえば、最近哲学的な本にあまり触れていないな。

・「日本語の教室」 大野晋
岩波新書。
日本語についての疑問を一問一答形式で開設したもので、助詞の成立にかかわるような、かなり微妙なところまで突っ込まれていて、非常に興味深い一冊です。
日本語タミル語源説について、熱く語りすぎな感もありますが (笑
この人の、もう少しまとまった国文法の本が欲しいのですが、なかなか見つかりません。
前に図書館で見つけて読んだのですが、自分で買おうとしたところ、絶版とのこと。残念。

・「日本語の古典」 山口仲美
岩波新書。新聞の紹介で知り、購入しました。
時代ごとの様々な古典文学作品を取り上げ、ライトながらも非常に鋭い見所解説を繰り広げた一冊。
通読したことのある作品、一部だけ読んだことのある作品、全くの未読の作品、どれに関しても興味を抱かせる、いい本でした。
「源氏物語」 は、実は通読したことがないので、買おうかしら。岩波文庫で。

・「エスプリとユーモア」 河盛好蔵
これもやっぱり岩波新書。一度絶版になったものが復刻されたそうです。
ひとことにエスプリやらユーモアやらと言っても、構造的に把握するのは難しい。
この本に関しては、フランス精神とイギリス精神の対立構造で構造を描き出しているため、その点は非常に分かりやすく整理されています。
まあ、この本を読んでも、やっぱり構造化には限界があるなあ、というのが印象なのですが、まあ、そこはそれ、後付けの理屈で理解を深めるのが常道。
自分のセンスを振り返る契機になりそうです。

・『阿Q正伝・狂人日記  他十二篇』 魯迅
実はちゃんと読んだことがなかった魯迅。あ、国語の教科書で読んだことはあったかな。
岩波文庫で買って読んでみました。また岩波。
社会背景を知らずに読んでしまったせいで、目が文面をすべることすべること。
社会背景の理解は必須ですね。
しかし、 「阿Q正伝」 はやはりおもしろかった。
社会性と文学性が、非常に高いレベルで一致した傑作だと思います。印象としては… 「吾輩は猫である」 的な?

・「サロメ」 オスカー・ワイルド
宗教画としても取り上げられることの多いサロメの物語を戯曲化したものです。
なんというか、すごい。
バックグラウンドが大胆な割愛され、ショウビズ的な精神でスポットライトを当てられたワンシーンワンシーンが、これでもかというほどに迫ってきます。
そして、不思議なことに、あれだけ見事に劇場化されると、逆に割愛された世界に何が隠されているのか、知りたくなるんですね。
いやもう、素晴らしいの一言です。マンガに描いてみたい。

・「万葉集」
また岩波文庫です。どれだけ岩波好きなのか、と思われるかもしれませんが、好きです。
だって、安いし、ハズレを引くことも少ないし。
というわけで、説明不要の万葉集です。まあ、まだ途中までしか読んでいないのですが。
千数百年も前のうたとあって、やはり普段触れないことばや音づかいが多く、さらさら読んでいるだけでも非常におもしろい。

・「お茶にごす。」 西森博之
ここからマンガの紹介です。
「今日から俺は」 「天使な小生意気」 で有名な作者の作品です。
本当にこの人の作品ってハズレがない。もう、読めば読むほど面白い。
ギャグの目の付け所、シリアスのバランス、キャラ立ち、もう至芸ですね。
新刊 「鋼鉄の華っ柱」 にも期待です。もうすぐ2巻が出るらしいですね。楽しみ。

・「絶対可憐チルドレン」 
 『GSホームズ 極楽大作戦!!』 椎名高志
ようやく読んでみました、うわさの「絶チル」です。あと、後者は短編集。
この人もすごい。定番を確実に抑えて、どんな作品でも面白く描くだけの力があるんだろうなあ。
だから、短編も面白いんでしょうね。

・「聖なる夜に散歩する」 村枝賢一
短編集です。
あまりこの作者の作品は読んだことがないのですが、さすがベテラン。非常に上手い。非常に面白い。
短編集って、とっかかりが悪い作品も多い印象ですが、これはどの作品もスムーズに読むことが出来ました。
てか、さっきから、サンデー系の漫画家ばっかり紹介してますね。まあいいか。

・「魔人探偵脳噛ネウロ」 松井優征
まだ読んでいる途中です。半分ぐらいです。
何となく読まずにいたのですが、ついに手を出し、読んでみたらものすごく面白い。
大仰だけれど緻密で繊細で、なんというか、いろいろと上手すぎて困る。
HALとの戦いと決着は、定番と分かっていても、妙に感動しました。

・『虫と歌』 市川春子
短編集です。手塚治虫文化賞新生賞ってのを受賞したそうです。
中身は、シュール。こういうのが出版されるのがアフタヌーンっぽくておもしろい。
「日下兄妹」 がよかった。シュールの加減と、漫画的な分かりやすさが上手いことマッチして、分かりやすいようで分かりにくい、妙な読後感が残りました。
あとこの人、高野文子が好きなんだろうなあ。


プロ野球も開幕したり、金本の連続試合記録が止まったり、大相撲が相変わらず大変だったり、蒼国来が解雇されたり、サッカー代表が南米選手権に出なさげだったり出るっぽかったり、いろいろとスポーツの話題もありそうですが、それはまたの更新で。

・今日の一曲「The Lemon Song」 Led Zeppelin
ZEPの2ndで、この曲が始まったときのワクワク感は異常。
「胸いっぱいの愛を」 や、「Heartbreaker」 よりも好きかも、この曲。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


初日記。

2011/03/11 02:27
画像


以前絵日記として使っていたお絵かきBBSがサービス停止するということで、新しくブログを開設してみました。
こんにちは、三沢左右です。
まだブログの使い勝手はよくわかりませんが、ぼちぼちやっていこうかと思います。


というわけで、以下、日記。

広島から後輩が来るということで、大阪に行ってきました。
向こうの予定が15時以降ということで、14時過ぎに家を出て、ちょうど15時ごろに大阪駅に到着。
久しぶりの再会。
喫茶店で駄弁ったり、お好み焼きをつつきながら駄弁ったり、紀伊国屋ではぐれそうになったりしつつ、
近況やらなにやら、微妙に深い話まで、いろいろ話すことができ、楽しい時間を過ごしました。

その後輩、今日はネカフェに泊まるということでしたが、いろいろ頑張っているようで何よりです。
身体を壊さないよう気をつけつつ、ポジティブに進んでいってほしいところです。

後輩と別れた後、せっかくなので大阪に住む友人に連絡を取って、会ってきました。
こっちも何気に今年に入ってから会うのはこれが最初。
喫茶店で駄弁ったり、タワレコでCDを試聴したり、たこ焼きを食べたりしつつ、
近況やらなにやら、微妙に深い話まで、いろいろ話すことができ、楽しい時間を過ごしました。

RADWIMPS と PUFFY の新譜をオススメされました。
僕は、前に youtube で聴いて気になっていた、ハヌマーン ってバンドの CD を購入してきました。
『World's System Kitchen』 ってアルバムです。
音がかっこいい。


そういえば、花粉症の季節ですね。
僕は幸い花粉症は出ていないのですが、
予防のためにマスクをした方がいいということなので、外出の際は出来るだけマスクを着けるよう心がけようかと思います。


・今日の一曲…「猿の学生」 ハヌマーン
とにかくイントロからインパクトがでかかった一曲。
バキバキしていてかっこいい。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


月別リンク

Lazy Room 絵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる